コンピューターが登場してインターネットが広がっていき、社会の在り方が大きく変わっていきました。その結果として新しい仕事も次々と生まれていて、特にIT関係の伸び率は高くこの先もまだまだ需要が高いことが推測されます。そしてIT関係の特徴として、会社という場所に居なくても仕事をすることが可能であることがあげられて、プログラマやウェブデザイナーといった職業の場合、在宅勤務も可能です。

基本的にはネットに接続しているパソコンがあれば作業を行うことができますので、出産後の子育てをしながら併用して働けるのは魅力となるでしょう。さらに大きなポイントとして個人事業主やフリーランスとなる人が多く、会社に属せず自ら仕事を請け負って行うことになるので、実質的に定年といったものがなくなります。これによって一般的なサラリーマンが定年を迎えても、そのまま働き続けることができますし、独立すれば自分のペースで働くことができるので収入アップにつながるでしょう。

もっとも仕事を請け負う能力がなければ意味がなく、対人関係やコミュニケーション能力も重要となってきます。最初は会社に勤めてスキルアップやノウハウを学び、人脈を広げて仕事の受注がしやすい環境を作ってから独立する流れが良いでしょう。ある程度の準備をしておくと独立しても困ることはなく、仕事を請け負える間は収入に困ることもありませんし、老後に備えた職業として助かるものとなっています。せっかく独立しても会社勤めのときのほうが年収も高く、精神的にも楽だったという状況になってしまっては元も子もありません。フリーランスとして活躍している人には、人脈・営業力・技術力などをはじめとした成功する共有の資質があります。自分に足りないもの、スキルアップが必要なものなどはフリーを支援するサイトなどからも学ぶことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です