在宅勤務プログラマに転職をするなら、まずは在宅勤務を許可している会社を探さなければなりません。まだ在宅での勤務は一般的にはなっていないのでその数は非常に少ないです。先進的な働き方を導入している一部の大企業に限られているので、まずはそうした企業を探しだして採用してもらう必要があるでしょう。合格率が低い難関資格保有者だと、こうした大きな企業にも転職がしやすくなります。在宅で仕事ができればストレスフリーな生活が営めますから、本気でそうしたスタイルで生きていこうと考えているのであれば、まずはプログラマとしての実力を付けるのが先決になります。

会社勤務をしながら、在宅ででも仕事がもらえるようスキルを磨いておくのが正解です。企業の中途採用枠を使って転職をするのが一般的です。その業界で有名になれば、ヘッドハンティングをされることもあるでしょう。ヘッドハンティングの場合は、こちらからのアクションは一切不要になります。また、フリーランスになれば仕事場を選ぶことはありません。ですからもちろん自宅ででも作業をすることは可能です。

大企業に就職ができないと思うのであれば、フリーランスになるのも一つの手でしょう。フリーランスエンジニアへの転職は、現在の会社を辞めればいいだけなので簡単です。ただ、在宅勤務プログラマの中でもフリーの方は精神的な負担も大きくなりがちです。企業の後ろ盾がなく、すべての作業を自分一人でこなさなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です