最近は大企業を中心にして、在宅勤務プログラマという働き方を許可するケースが増えています。在宅勤務プログラマの休日の過ごし方は、実は平日とあまり差がありません。なぜなら、毎日自宅にいるわけですから、曜日の感覚が希薄になっていることが多いのです。平日も休日も、本人にとっては何も変わらないことが多いです。また、プログラマなら、本業以外の仕事を随時受けていくことも簡単です。ネットを少し検索してみれば、フリーとしてできる仕事がたくさん見つかります。そういったものを暇なときにやっている人であれば、休日も平日と変わらずにパソコンの前で仕事をすることが多いわけです。

そもそも、趣味の時間もすべてパソコンの前でやることが多いですから、休日だと言っても過ごし方は特に何も変わりがありません。仕事をしている時間が多いか、遊んでいる時間が多いかというだけの話で、ライフスタイルには何の変化も見られないケースがほとんどです。仕事の時間をどれだけ確保するかは、その人の将来設計によるでしょう。

将来が不安で少しでもお金を稼ぎたいときには、1日15時間以上も仕事に費やすことがあります。その一方で、仕事をセーブしてネットゲームや掲示板で遊んでいる方もいるでしょう。パソコンの前にいることに変わりはありませんが、プログラミングをしているのか動画を見ているのかでまったく意味が変わります。このように、人によって過ごし方は全く異なってくるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です